やっぱり主従が好きです。ごめんなさい。
以下、いつの間にかメモ帳に溜められていた今回予告×4@アルシャードガイア。
気になったら声かけしてくだされば、考えるかもしれない。




〔今回予告1〕


青年曰く――
「最近、聞いたんだが…俺に、弟がいるらしいんだ」

聖者曰く――
「やはり、《闇》は惹かれあうのかもしれませんね」

奏者曰く――
「私の曲が人を狂わせる、だって? …とんでもない!」

愚者曰く――
「時間だなんて、ただの勝手な概念ですよ」

恩師曰く――
「つまり、世界にはいくつかの《層》があるのです」


とある一人の少年を軸に、奏でられるは《闇》の狂想曲。
ぽつり、ぽつりと降る音は、透明な雨か、それとも血か――。


アルシャードガイア【閉ざされた闇に堕つるモノ】


蒼き星にまた奇跡が生まれる。


〔指定・推奨クラス:レジェンド/ソードマスターorホムンクルス/カードサマナー/ダンピール/オーヴァーランダー〕


(なお、内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください)




〔今回予告2〕


時間とは、いかに空虚な概念であろうか――。

《未来》よりの使者は、君たちに《世界》の歪曲を伝えた。
《過去》よりの使者は、君たちに《世界》の欠損を告げた。

そして、第三の使者は宣言する。
この《現在》――《未来》と《過去》の融和点に於ける、《世界》の修復を。
それが叶わねば、そこにただ横たわるのは――。

そんな事件が、出逢うはずの無かった運命を静かに導いてゆく。

それが、たとえ《日常の破滅》への道標であっても――。


アルシャードガイア【ヘルマプロティトスは目覚めない】


蒼き星にまた奇跡が生まれる。


〔指定・推奨クラス:(指定なし)/フォックステイル/リターナー/ルーンナイト/ガンスリンガー〕


〔なお、内容は(以下略)〕




〔今回予告3〕


『君の隣にいることが、辛いんだ』


たったそれだけの言葉から、《世界》は小さな崩壊を始める。

初めは、君の隣で。
次第に、君を軸に――広がってゆく、《奈落》の浸食。

その罅割れが、《現在》を呑み込む前に。
闇に蹂躙された、《心》を取り戻すために。


アルシャードガイア【ごめんね、こんな僕で】


蒼き星にまた奇跡が生まれる。


〔指定・推奨クラス:サイキック/レジェンド/魔剣士/ルーンナイト/アルケミスト〕


〔なお、(略)〕




〔今回予告4〕


君は、笑顔が見たかった。
だから、その為にはあらゆることをした。

しかし、彼女は笑わない。
ただ、憂鬱そうに外を眺めている。
その重い溜め息も、もう、聞き飽きた。


どこまでも、気だるく進んでゆく日常――そんな平和な日々を切り裂く、《奈落》の叫びが世界に響く。


甦る、絶望的なまでの闇。
蝕まれてゆく、大切なもの。
――それを守るべく、立ち上がる戦士達。

君は、彼女の笑顔が見たかった。
だから、その為には――。


アルシャードガイア【スマイルアゲイン】


蒼き星にまた奇跡が生まれる。


〔指定・推奨クラス:(指定なし)/ダンピール、ホムンクルスorマシンヘッド/ルーンナイト/アーティスト/ミスティック〕


〔(ry)〕




補足。
どれも、四人からいけます。六人となると少し謎です。
ガイアの上級るるぶまでのクラスはすべて網羅してみました。もしかしたら出ないクラスもいるかもですが…。

〔今回予告2~4〕は、実は以前のガイアキャンペーンのスピンオフ(2/3)、結末(4)となっています。
が、恐らく戒達の冒険の裏番組に展開されているかと…奴らを投入したい場合もちゃんと考慮しますが(特に結末は)。
また、基本的には一部を除き、プレイキャラはシナリオ毎に変わるかと思われます(逆に、ルーンナイトPCは是非貫いていただきたい)。
しかしこのあたりも相談していただければ調節します(代理のNPCを出す等)。また、レベルはシナリオ毎に高い人に揃える予定。

〔今回予告1〕はこれらの時系列にのっかる形にはなりますが、単体でも十分ネタにはなります。


実にどうでもいいのですが、スピンオフ群はある程度まで以前のシナリオ背景を引っ張りますが、その都度説明入れますので。
スピンオフはきっと、向こうで暴れた《ウルド》《ヴェルダンディ》に代わり《スクルド》が暴走します。ひひひ。


ではー。
[PR]
by forWAM | 2009-04-27 22:46 | DAYs --日々徒然
<< 体力なくてごめん。腹持ち悪くて... 睡魔は敵だ(「緑は敵だ」のノリで)。 >>