「卒業おめでとう」の声が響く天
e0000377_437729.jpg

友人がホワイトデーのお返しに、化学教師からバナナもらってました。
「あっ、こんなところにマーカーが☆」と顔を描いたのはいつものごとく。


つーわけで、卒業しました。
第九二一号、つかうちの学年に第七七七号がいました…若いなぁ。でも一○○○号には届かず。
まあ七期生ですし。
卒業式は希望制(うちは中高一貫なので)、三十分もかからない淡白なものでした。
そしてその半分近くが校長の話…。


で、友人の予想通り…ではないが、帰って少ししたら寝たため今日記書いてます。掃除疲れたー。
[PR]
by forWAM | 2006-03-21 04:37 | DAYs --日々徒然
<< 遠いとおい 君と僕とを 繋ぐ糸... 魂の 屍の上に 我は立ち 眺め... >>