三+八時間。
e0000377_2353191.jpg

三十八ではなく、三ぷらす八。
前回のやつに昼間の三時間足し忘れた。


屋上でお月見しました。
今日一日そうでしたが、晴れましたね、綺麗に。
そして、何故かそこに新聞紙が一部ありまして。
「まくとあったかいぞー」なんて父親が言い出して。
結果。
弟妹三人、リアルホームレスごっこを始めました
で、お月見終了後は舞台が和室に。写真のような事態が発生。
そこで寝る寝る言い張ってましたが、結局布団で寝たようです。
そんな横で「実は段ボールの方が空気入るからあったかい」とかなんとか父が熱弁
勤め先の学校で、独身時代にやっていたらしい。しかも理科室にて、丸イス並べた上で。
ある一種の風物詩と化していたらしく、「ああ、○○先生(父)なら理科室の段ボールに」みたいな。
ちなみに我が家の母は、最初見たとき何かと思ったらしい、当たり前だが。
つかいつかも書いた気がするこの話…痴呆か(え)?


明日は集会です。
…いや、セッションというとあからさまにおかしいので。
第一話の残りと、第二話をやる予定です。二話はかなり短い話。
いやもうネタ天国になりました。好きなんですよひっぱってくるの。
むしろアルシャード自体が「異世界(=別の話)のキャラを引っ張ってくる」推奨な雰囲気なので。
がんばるぞー。


*─────[無限&銀雨日記]─────*

無限。
しなぷら、行った方お疲れ様でしたー。
つか、ちょ、リョウさん…またなんと…!
小林蕪絵師さんに、辺境の地から、感謝感謝です。
…あと、純白依頼は、改めて、カオス…なんとなくプレイングをさらしてみます。

□心情
純白のウェディングドレス…。
私もいつかは着るのでしょうね、多分。
□お手伝い
あまり力はないですが…むしろ縫うより、針の糸通しとか、そっち方面のお手伝いを中心に。
□ウェディングドレス
頑張って、自分用に制作します。いつ着るか、相手は誰かなんて、気にせずに…。
よくある感じの、裾の長い、ふわふわしたドレスがいいですね。
で、なるべくさくさく作成して、完成しましたら、畳んでこっそり、全力逃走。
着る人(自分ですが)が小さいので、服自体も小さくすめば、簡単に持ち運びできて走るときも邪魔にならなさそう…。
ドレスは絶対に持って帰ります、だって純白は女性の浪漫ですから…浪漫? …浪漫ですよ、はい。

ラストのあたりが採用されてて泣きそうでした。いつぞやの依頼『男の浪漫』を意識して書いてみました。
流星MSさんにも、感謝感謝!


銀雨。
運動会、応援歌、混沌。
ラストの歌詞、送ってみましたが…どうなるかな、どきどき。
そういえばハロウインSDの企画もはじまりましたね、☆の無い私には無関係ですが…orz
[PR]
by forWAM | 2006-10-07 23:53 | DAYs --日々徒然
<< 九時間。 七時間。 >>