「貴様、ただのクレオパトラじゃないな…っ!」
□襲撃予告【怪盗と業師と師匠と番人→宮本朱凰・佐々木朝祇・鳳紅乙・?】
「というわけで、襲撃予告を書こうか、朱凰」
「師匠、何をいきなり…前振りが全然無いですよ」
「せやけど、そこはきにせんでよかと思うち。さ、書いた書いた」
「盗むものは、『至高の瑠璃薔薇』でお願いします。宛名は…」
「あ、し…じゃない、番人はん、こんばんは」
「こんばんは、佐々木さん」
「相変わらずの礼儀正しさね、転校してきてからはどう?」
「ええ、元々自由な校風の学校で、移動先も同じ感じで…とはいえども、授業には殆ど出られませんが」
「お疲れ様。…で、書けましたよ、師匠。この学校で薔薇といったら、あの人しかいませんしね」
「そうそう。上出来よ、流石我が一番弟子。じゃあ、そういうことで」
「話の続きは、また、あとで」

というわけで、予告でしたとさ。
ようやっとプロトタイプ版ネタ集が完成しました、明日、持ってきますです。

ではではー。
[PR]
by forwam | 2007-10-10 22:28 | DAYs --日々徒然
<< 「レコンキスタ!」 「ほどほどに、兄弟」 >>