王様→元大魔王様、笑顔で戦えそうな人、弱点はかわゆいもの、王国では姫の親父さんです
e0000377_224210100.jpg

そういや何故大魔王様だったか、その命名理由が語られていないような。
由来ヒントは某ゲームシリーズの称号、チェス太とかガイとかそのへんで。
…たとえなんだかわかっても、言わないのが優しさだと思うんだ。


テスト終わったー!
添付は一限の古典より、養父という単語に反応した私はなんなんだ。
二限の数学は…もう、思い出させないでくれるかな。とりあえずなんなんだ。
三限は保体とリスニングの二本立て。つか保体の意外なまでの問題数はなんなんだ。


しかし十日後には模試が。
中国史と倫理と遺伝やらなきゃ。
そういや師匠に白身事件の真相を聞いてきました。
どうやらスキャナで読み込ませて文書データした際にああなってしまったらしい。
文明の利器もまさかなうっかりミスをしでかすものですねえ。


そうはいっても仕事もあった。
兎に角今日はまたもやあんなやみメンバー。
探偵さんが具合悪そうでして、姉上が薬を飲むよう促す。
しかし探偵さんは錠剤が駄目らしくカッターで割り挙げ句の果てには叩き砕いたという…。
あのやりとりは、なんというか、まさにリアルおままごと…母親と三歳児のなんとやら。
そして朝夜ロマンを聴きながらハイテンションに陥る、そこにマロンがないっ!
当たり前ですが仕事の進捗状況は進んではいるものの停滞しているような、そんな日々でございます。


拍手そろそろ変えますよー。


>>Rぼちゃん
ぎゃー! と思いつつ報告感謝。
仮面は、なんといいますが、あはははは…。
ありのままでいいよなと思いつつ、ありのまますぎた感が素晴らしい。
つか誰が誰だか現象が軽く起こりかけてましたが、軸はあんま変わらないことにこちらが驚きでした。
うん、素敵だ、うん。
[PR]
by forWAM | 2007-12-13 22:42 | DAYs --日々徒然
<< 探偵さん→大工にして電気屋の息... 秘書→部活業務の相方といえば、... >>