しみしみ→たまに数学習ってます、眼鏡の人、奥さんも数学か…っ!
ポケスペ二十八巻感想まいりまーす。
めさくさ銀色でびっくりしてた私。

今章はなんというか、ラルドの葛藤や成長に関しての部分まで早送りされてる印象があります。
その分展開もスピーディーで色々と大変だったです、メンタル面が ←そこか。
とりあえず箇条書き。

・金属粉! 金属粉! 祝復活! …しかしダツラさん、脱走はどうかと思います
・ラルドの手持ちが可愛すぎる件、つかこの巻のテーマはこいつらかっ!
・そんな彼の姿、その真実に…よう、同志、いいもんもってるじゃないか…
・ヒースがお茶目だ、飛んでるし。フロンティアブレーン達が好きすぎるっ!
・挙 式 は お 前 ら か 。まあ前の巻にちらっといたしな、[ミチルさんとあの人]
・↑そしてこの後のサファイアとナギの会話に爆笑した私自重、特に[「ほれなおしたと?」]
のあたりが
お帰りルビー!!! …しかし開口一番それか、うん、君らしくて素敵だよ
・ダブル博士+クリスの会話にて、ジュカインのルーツが薄々と。
 しかし華麗にだまされた、[ミツルと離ればなれ=行方不明なんかい…!]
 思わず単行本二十二巻を読み返した次第です、確かにRURUしかいないっ!
・そして感動の、ルビサファエメラルドの対面シーン。…笑い死ぬorz
 いつからポケスペはギャグになったんすか! なんですかあの干からびたルビー…っ!
・ギャグチックに続く三人組で、しかしそのままルサは一般参加へ。
 準決勝、エメラルド対[ルビー]が、まず一つ目の転換期。
 この巻のテーマがリピートされていきます ←待てそのセリフ。
・誘導で照れてるアザミさんが反則的に可愛いのですが禁句ですかわかりました
・決勝戦、直前のあれは…夫婦漫才ですか?
 ルサ二人組が美味しすぎます、てめーら仲良すぎじゃないか。
 特に[「ボクら二人にとってはねー」]…そうだよな、苦手だよな君たち…。
・↑ほら、いちゃつきすぎるから…。最近山本さん、ギャグタッチのコマがかわゆいです。
・ここでまたリピートというか、対比でしょうか ←やめようよそれは。
 [信じる、信じない、その狭間で全てを拒絶してヒースに敗北してしまうエメラルド]。
 つか、ヒース、黒っ。
・ウコンとルサ。ずっと意味深なウコンさん。
 そして出た! 便利道具[『記憶のライター』]! まだ持ってたのか…。
・オビを見たときから思っていたのだが。
 ガイル「[つーかまーえたー。]」
 …ちょ、キャラちがくねとか言ってる間に[ジラーチ取られた]!
 なんかノア@黒の予言書みたいなこと言ってる! 怖いよおにーさんっ!?
・一方失意のラルド、ウコンのパレスへ。このあたり、日下節の真骨頂かと。
 [トレーナー不要の施設で、タイミング悪くガイルがタワーへと向かい、追うのか、あるいは。
 「試合はポケモンにまかせ、おまえはタワーに」…ウコンの怪しさ(ガイル疑惑)と、エメラルドの葛藤。
 不信だったが故に勝てなかったヒース戦との更なる対比が発生し、ここから先は、ラルドは『信頼』の道へ。
]
 『願いを叶えるための全ては道具』と唱えるガイルとの決戦に、ホウエン地方図鑑所有者達は走り出す!
・分断される戦力、そして[操られたリラと、バトルタワー]。
 見せ場はなんといっても、ラティオすの出現と[パレスでの勝利の報告]。
・最愛の仲間達と再会したエメラルドが、一回り、冒頭より成長したような…
・『ゆめうつし』によりようやく明かされた真実、この盛り上げ方と伏線にまたたたきつけられたわけですが…。
 ウコンの口より語られたのは、[古き自分の過ちと、自分がガイルではないこと、なによりも第三の『藍色の宝珠』に触れた存在…]
・ガイルの野望と、甲冑の下に隠した真相…お前だったのか[アオギリ]!
 これはリアルに度肝を抜かれました、そうかそうきたかっ! だからノアみたいなこと言ってたのか!
・次巻予告、[『今! 十人集結の時――』]。
 …つっ、つまり、奴が来るのかーっ!?

なんかもう始終ハイテンションでした。
気づいたらもう二十八巻…長いな。
次巻、なんか感想書くたびいつも書いてますが、いつ出るのかなあ…。
とりあえずまたもや日下さんの策略にハマりました、既に快感の域なのですが。
ついでにあの、リアルに内容のリピートと対比を探しながら読んでしまうのですがorz
ダメだ、これはきっとダメだ…これやりながらだから論理展開の早さにやられたのかな… ←超重症。
[PR]
by forWAM | 2007-12-25 22:25 | DAYs --日々徒然
<< チャラ男→物理の人、電力ででき... おばちゃん→数学のおばちゃん、... >>