この手を伸ばせば 君に届くけど 君はもうあしたを その瞳にみてるんだね 春、名残り日
e0000377_23321646.jpg

この手を伸ばせば


未送信だった養父の写真を発掘。
意図的なものを感じてもレッツスルー。


いや、終わりましたね、今年も。
無事進級できたのはまあいいとして…。
英語筆記だけが若干心残りな成績でした。
今年そして七日しか休んでないよ私、少しエラいぞ。

今年のクラスはほぼこの形で、来年に持ち越されるみたいです。
どちらかといえば、『クラス全体に対する想い入れ』が強いのは去年のクラスなんですよ、断然。
ただ、『一部に対する想い入れ』だと強いのは今年ですかね。ムラだらけのおつきあいでした。
いや、世界変わりましたもの。環境の変化が怖ろしかったわけですから。
最初はものすごく仲の良かった人も少なく、平気なのかな、と。
まあ、蓋を開けば担任含めてただのカオス、結局は新天地の開発に。
壁画組との出会いは衝撃でした、特に。一部まさかの展開を巻き起こしたわけですが。
一年前の四月では、絶対に予想していなかったというわけで…今でもたまに疑う&疑われる事実。
とりあえず、黙っててすみませんをもう一度しておいて、ですね…。
いや、勝手な思いこみじゃないの? と言われたんですよ、先日。確かにわかりづらいけども、違います。
周りみたいに目立つようなことはしてないですからね、登下校ずっと一緒とか、お揃いねたわしたちとか。
そういう感じです、はたから見ると兄妹説(by.王様)が流れるような感じなんです。
…もう少しわがままになりたいな。…ごめんなさい自重します。

なんだかんだで良いクラスだったと思います。
文系のくせに朝から飛び交うのは数学的な会話とか、教室の片隅で世界史を叫ぶとか。
掲示物に担任の趣味が見え隠れしてたとか、増えていく人形とか(まさかのとうふが行方不明orz)。
最後の日直が某氏でして、咲喜ちゃんも含めて三人でアホをやらかしてみる…元学年主任を探せ! 的な。
こんなことをできるのも最後、残すは来年というわけで、なんだか不思議な気分です。
笑って巣立てるよう、頑張って行こうかと思います。まずは来週の春期からですね! orz


for WAM+

姉妹日記、落書き専用。
ひたすら日々の落書きをupするためだけに設置してみました。
熱を入れすぎないよう、更新していければベストだと思います、よ? ←何故疑問形。
[PR]
by forWAM | 2008-03-21 23:32 | DAYs --日々徒然
<< 最後の離島へ行くのなら 何処へ... ユメヲミタアトデ 君はまだ遠く... >>