己の弱さに気づくのは、意外な時だと思うんだ。
お家に帰るまでがなんちゃらといいますが、違いますからね。

そんな感じで続いている勉強合宿。
お疲れさまでした。みんな最後の一コマやれました?
とりあえず終了の合図が聞こえた、担任の「おわりですー」という幻聴が。
そんなまさかの展開に、上には上がいたよ…ご愁傷様、仮面さんの幻聴だった人。
いい経験しました。きめるセンター2Bとネクステージ、タテ世界史しかやれてないけどまともには。
元々それしかやる予定なかったしね。おまけのターゲットはひたすら最初の八百語に絞った。
それよりなにより、本当にいい経験でした。
進路指導のルパンさんの話を要約→

一人ひとりがこの空間で頑張った。
それを見て、互いが互いに頑張った。
みんなで支えあって、ここまで頑張ることができた。

もうひとつ、名言がありましたが別所で別の方が書いてらしたのでここでは省略。
これがひとつめの理由です。だから今日は、夜の九時から最後の独習一コマを、自室で行うようにと。
遠くでつながってるんだなと思うと、深い。さらにこの話の語り方がすごく巧い。
帰りに話した人の半分以上が「ルパン格好いい」との意見を述べておりました。

ふたつめの理由は、見つけた? 触れた? そんな感じ。
やらなきゃいけないんだな、と。
ちょっと前に鬱々しくなってましたが、あれを克服するにはやらなきゃ、と。
やらないと埋まらない。完全でなくとも、少しでも己の気持ちを強くしたい。
今は、遠くに背中が見えるか見えないかの状態。少しでも近づけたい。
己の為なのか、それとも相手の為なのか、わからないけれども。
一年間進み続けて果たして何が見えるのか、何処まで往けるのかを、知りたいと。
そういうメンタル面でも、大切な気づきをもらった合宿でした。


…帰りの車内。私は担任の二つ後ろの席。
三クラスが混合で一台に乗車しているため、カオス。

「点呼」

そして目があってしまったがために、何故か点呼をする羽目に。
むしろ人数確認、というわけでカウント開始するものの…。

「先生、眼鏡がなくて後ろが見えません」
「人選ミスか」

結局担任が自力でカウント。
秘書が「背が低いから見えないのー?」とかなんとか…。
いいえ、人選ミスです。めんどかっただなんて言えないわ ←

ついでに道路の都合上、途中我が家の近くを通過され泣いた。
対岸に見えたよ、最寄り駅とか元我が家とか地元の景色が。
そこで降ろせ帰るとふざけ半分で喚いたら某氏とらんちゃんが、

「じゃあその窓から降りろよ」@高速道路上

目がマジすぎて二人とも。
数日前のT子さんから聞いた話が脳裏をよぎった瞬間でした。高速は歩いちゃあかんよ!


疲れたので今日はばっちり寝ますよ。
おやすみなさーい。
[PR]
by forWAM | 2008-04-11 23:39 | DAYs --日々徒然
<< そうだね、いっそ飛び出してみる... 世界が一番暗いのは夜明け前…今... >>