It is not death that a man should fear, but he should fear never beginning to live.[Antoninus]
e0000377_1847354.jpg

□マルクス・アウレリウス・アントニヌス
 ローマ皇帝、五賢帝最後の一人であると同時にストア派哲学者でもあった(『自省録』)。

カラカラ帝(ローマ市民権をばらまいた人)もアントニヌスさんなんだそーな。
『カラカラ』はそんな彼が愛用した外套にちなんでのお名前で、いわば愛称的なもの。
なんだかすこぶる可愛いですねー。どっかのポケモンみたいですよねー ←

日々名言を色々探してるわけですが、これ構文の勉強になりますね。
今日は“it~that~”と“not~,but~”がぱっと見。
ある程度の型は決まっているというか、なんというか面白いです。
ちなみに今までの総集編。

【一日/セオドア・ルーズベルト】
できることを、あるものを使って、今いる場所で始めなさい。

【二日/アウグスティヌス】
世界とは一冊の本であり、旅に出ない者は同じ頁ばかり読んでいるのだ。

【四日/ウィリアム・ワーズワース】
自分の愛に値する相手かどうか、考える前に愛せよ。

【五日/アルベルト・アインシュタイン】
昨日から学び、今日を生き、明日に希望を抱け。

【六日/マルクス・アウレリウス・アントニヌス】
怖れるべきは死ではない。真に生きていないことをこそ怖れよ。

そのうち文化史の人物に偏りだしそう(既にストックのうち半分が文化史人物)。
担任がクラスで『世界史人物の名言(日本語)』をやっているのに対抗です。
…しかし探してると、何故かよくディズレーリ(19世紀イギリスの政治家)と鉢合わせするんだよなあ。
クラスの方で彼が乱発(?)されているので、こちらでは避けたい所存です、はい。


つか前置き長! さっさと本題です。
もういっそ記事を別にすれば…いいのに…。
でもね理系の皆さん、アウグスティヌスは倫理で重要な人物ですよ。日本史の皆さん、ルーズベルトは以下略。

じきに母の日ですね。
うちの母は明日が誕生日なので、買ってきました。
その名も…『白刃取り失敗カードスタンド』。
私に負けず劣らず、こういったものが大好きな母です。実用性もそうだがまずはネタ。
ペン(歯ブラシ?)立ても素敵だったのですが、何せ陶器…これは断念。
そしてお母さん@灸さんも買ってきた! 最近あまりお買い物に行けないから…。
こちらもネタに走りました。いえ、別に遊べと言っているわけじゃありませんよ、そういうわけじゃ。
うひひ。

で、十年ほど久々に幼稚園時代の友人が訪ねてきた。
腹痛で寝込んでいたものの、寝耳に水どころかシャワーですな。
近くを立ち寄ったらしい。そのあたりの詳しい理由は私もよく知らないが…。
ものっそくデカかった。168センチあれば十分デカいんです、私の中では。
なんかそのあたりにいそうな、気のいい兄ちゃんでした。
そして少し話すうち…何、保父さん希望…っ!?
ななな、なんか美味しいなお前さん。周りにはあまりそういう人がいないので新鮮でした。
うちの弟妹と遊んでました、サッカーもどき。本人は末っ子なので羨ましがられた長女ですが何か。
その様子を見つつ、ありゃいい保父さんになるだろうなあ、と。もうなんだか楽しそう。
珍しく地元の民とふれあった瞬間でした。まる。

来年落ち着いたら、同窓会やりたいなあ、小学校の。
それを先ほど母に勧められた。あ、あの、母上…?


明日から学校ですね。
暫くまた休みがない…次の模試に向けてがんばるかー。
国語と英語のリベンジ&安定化に努めたいです。あと数学ね(…)。
中国史と生物も心配だが、まあなんとかなるでしょ。ともかく基盤を固めなくては。
がんばるぞーおー。
[PR]
by forWAM | 2008-05-06 18:47 | DAYs --日々徒然
<< We live truely ... Learn from yest... >>