We live truely for the first time for ourselves, when it lives for others.[Lev Tolstoi]
【今日の復習】

[1-2 英語読解]
擬人主義とはなんぞや。
先に何が来るかを考えながら読む。
構造もそうだし文法も、当たり前だが論理展開も。
意味が似たり寄ったりなら、語法も似たり寄ったり。利用しましょう。

[3-4 世界史]
後述。

[5 体育]
おなかがすいてちからがでない。

[6 数学]
大きさから内積を求めてみるのもひとつ。
任意の点を置いて探す内心は、一昨日やったよね。
外心はすなわち半径。垂直だから内積は0。

[放課後 世界史]
民族ごとに変わる動向。
墓穴を掘りまくるドイツと変われないオスマン。
南下したいロシアは、バルカン方面だけどうしようもなく…。
ちゃっかりオーストリア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナを併合しました。
火薬庫バルカン。二回の戦争は一次大戦の伏線であり前哨戦であり。
三国協商はいつの間にか成り立ちました。狙ったわけではない。
こそこそイタリア。さりげなく内通して裏切ってますが何か。
大戦勃発。イギリスとしては、日本にはもう少し黙っていてほしかった…。
英雄とはなんぞや? タンネンベルクの戦い再び、今度はドイツが勝ちました。
アメリカは意外な形で参戦。モンロー教書の沈黙を破りいざ物量作戦。
毒ガスと戦車、機関銃に潜水艦。悲しきかな技術革新。
ロシアが革命で消えたら次々消えた。広野に取り残されたのは誰?
そのころヒトラーは入院中。


すごくカオスな世界史。すまない世界史。
『映像の二十世紀』編集版も見ましたよ。なんというか…複雑。
今日のタイトルはその中に出てきたトルストイのものより。
いや…思った以上の髭に感無量でした…。
ふしぎー。
[PR]
by forWAM | 2008-05-07 23:26 | DAYs --日々徒然
<< There never was... It is not death... >>