There never was a good war or a bad peace.[Benjamin Franklin]
【今日の復習】
[1-2 世界史]
ロシア革命は一次大戦の裏側。
左派すぎるのは仕方ない、ボリシェヴイキと社会革命党の活躍。
レーニンは亡命してました。ドイツがさりげなくたくらんでやがる。
ペテルブルクは色々名前が変わってます。あたらしもの好きピョートル一世。
ロシアはユリウス暦、周りはかなりグレゴリウス暦、あれなんか誤差があるぞ。
いうこときかないなら秘密ばらしちゃうからなー。なんだかガキっぽいレーニン。
このあたりから民族自決のお話が。ちゃっかり便乗したのがウィルソン。
ヴェルサイユ条約をはじめ、各国バラバラに条約を結びます。でも全部フランスなの。
結局利己的な戦勝国が、導火線に火をつけるわけなのだが…。
モンロー教書があるんで国際連盟不参加なアメリカ。その他国連は穴だらけ。

[3-4 文系英語]
“I”って意外と主語にたたない。
主語は無生物やら動名詞やら他動詞やらを活用してあげる。そうすると書きやすい…? 慣れないと。
日本語はハイ・コンテクスト。リアルに空気嫁…エア嫁?

[5 英語読解]
結局人間中心主義からは逃れられない。
指示語の行方はちゃんと追いましょうね。
内容一致の合わせ技に注意。
本能行動って難しい。

[6 英語筆記]
自動詞と他動詞。

[放課後 文系国公立英語]
時制はきちんと把握しましょう。
複雑な文章も、バランスを考えつつ困難を分散の方向で。
ノート、忘れた分提出。


フランクリンはアメリカ独立のあたりのお方。
下の方にいます。なんというか兼業激しいよなあ…。
肩書きぼろぼろあるのが普通な時代もあるわけで。
詩人が政治やるとか(ラマルティーヌ@二月革命)、数学・物理学者が哲学するとか(パスカル@17世紀)。
フランクリンを見る度に、マザーを思い出します。ぽえ~ん。


地震気づかなかったーあははー。
…我が家は両親のみが目を覚ました様子です。私は睡魔くんに襲われてました。
なんというか時流に乗ってない感バリバリですね!
つか滅多に真夜中、一度寝たら目覚めないからなあ…。
ものっそく重宝してます、はい。
[PR]
by forWAM | 2008-05-08 22:24 | DAYs --日々徒然
<< If you gaze for... We live truely ... >>