この手を離したなら、きっと僕は堕ちてゆくのだろう。
~本日の懺悔~

現代社会は師匠の慈悲でなんとか頑張れました。
というわけで書く、書けるだけ。もう用語怪しくても書く。
そしてろくに見直しもせず(気力ゼロ)、時間が終わりまして。

事件はそのとき起こりました。

私の席の前の少年(他称ヤンキーないしは食いしん坊)に解答用紙を渡す瞬間、ある回答が目に飛び込んできました。
キチンの波という用語がありまして、その説明の問題でした。
なんででしょう、妙な違和感がしたのです。
私はその問題を、『在庫数』と答えたはずなのです。
…しかし、解答用紙に書かれていたのは、

在原数

…orz
ちょっとそれなんてざい中将。
見つけた自分が誰よりも大ダメージでした。
超無意識下に書いていたにせよ、なんかもう末期感ばりばり…。
とっても申し訳ない気分になりました。まる。

これはきっと、明日の古典に伊勢物語がでるフラグなんだ。そう考えるんだ…。


あ、昨日はなんだかタイトルだけじゃなく本編も鬱々でしたが…。
なんとか解決したみたいです。また随分と安っぽい手段で ←

あと試験も明日を残すのみなんで、午後からめいっぱい僅かな余暇を楽しみますー。
…できれば!
[PR]
by forWAM | 2008-07-09 21:59 | DAYs --日々徒然
<< 心の内に飼う魔物には、どうも逆... そんな願い、琥珀の檻に閉じこめ... >>