【‘N’】
そういえばこの前が誕生日だったなと、彼女は偏屈な知人の家に足を運ぶ。
彼のそれを祝うのは、自分とあと一人だけ。しかもその一人は、まだこの日を知らない恐れがある。
ならばあいつを祝えるのは、私だけだ。
機嫌悪いかなあ、と思いつつ踏み入れた地上約百メートルの一室。
質素なマンションの一部屋を、また質素に使う彼に装飾品は似合わない、のだが。

「それ、どうしたの」
「…あいつに貰った」

首に懸けられた、大人しいネックレス。
男にそれをやるかと思いつつ、似合うからさして口は挟まない。
よく見れば、小さな黄色い宝石のモチーフと、シルバーで形作られた、

「…‘N’?」

イニシャルでも何でもない、謎の文字。
その二つがつながり、そこから銀鎖が延びている。

「…あいつが選んだんだ」
「まあそうだろうね」
「誕生石も考えず、ただこれがいいからと」
「…ああ、わかった」

実にわかりやすい思考回路と理由説明。
あいつならやりかねないなと脳内補充。

「…何笑ってるんだ、クレオ」
「いや何も。それよりそんなにキツい目してるとそうなるよ、クラウス」

あんなことを言いながら、実はとても喜んでいるんだろうなあ。
彼女はそしてまた、堪えきれない笑みをこぼす。

「誕生日、おめでとう」









クレオとクラウス。背景設定はどちらかといえば我々の暮らすこの世界寄り。
あともう一人はなんとなくなので、特に考えず。

ある場所から妄想、ある場所から実体験。


しかし風邪を引いたらしい。
今朝方五時あたりから軽く腹痛、一度治まり外出。
しかし帰宅あたりになりまた腹痛。空腹か風邪か決めかねる。
そして自宅、帰るなり風呂で暖まる。だが出て少しして吐く。
少し食べて現在は安静に過ごしつつ、腸のあたりが重い。吐き気は無し。
あとで熱測ろう。


今日はたくさん祝ってもらいました。謝々。
明日からの活力にしますー。がんばるっ。
[PR]
by forWAM | 2008-11-02 20:55 | DAYs --日々徒然
<< 【もし、その花が薔薇ならば】 【孤独な者よ、君は、】 >>