【怒濤の私大】S大終了、明日はお休み
e0000377_1915336.jpg

〔今日の名言〕
人間のあやまちは、すべて性急というヤツである。

【出典】カフカ(チェコの小説家、1883~1924)


とにかく今日は焦りが焦りを呼びました。
試験じゃなくてね。詳しくは今日の報告をどうぞ。


添付、かなり迷って結局朱咲兄上に。昨日から引っ張りだこですが。
「学級日誌」と書いたつもりが以下略。


さて今日の闘いについて。
S大(中略)日本文学文化専攻の一般入試です。

(会場に着くまで、ちょっと別館でもリアルタイムに報告やってました)

・とりあえず北千住につきました
・電車に乗りました
・…あれ、なんか違う駅に着いたぞ
・↑ミステイクその一、急いで千住に戻る(ここでのロスタイム約十五分)

・千代田線だよ私千代田線だよちよだせん
・なんとかようやく大手町に到着
・よーし次は半蔵門線で九段下まで行くぞー ←一番安いルート
・というわけで電車に乗りました、ここで集合四十分前くらい
・あれーなんか人が減ってくぞー
・「終点です」…あれ、九段下は?
・↑ミステイクその二orz なんと逆方向に向かっていた!
・急いで折り返す、ここであと三十分を切る集合時刻

・ついた! ついたぞ九段下! 徒歩三分を信じるよ私!
・看板が出てたためにとりあえず迷子は回避、しかし腹が痛い
・かなり滑り込み、会場へ着いたのは五分前! 危なかったぞー

・教訓→路線と行き先はちゃんと確認しましょう

・英語→長文二問、空欄補充系長文一問、正序一問…正誤問題が消えてたよ嬉しいよママン。
     しかし過去問をろくに解かなかったせいか解答基準がよくわからなかったよママンorz
     ちなみに内容は、ただの長文が「運動不足な女の子」と「見直される一人っ子」という少し耳に痛い内容。
     空欄補充が「ペットを飼うということ」というなんともよくわかる内容でした。癒された。

・世界史→問題が配られて表紙の注意事項読んでました。
      そしたら問題が透けてしまい飛び込んできた文字列。

      『ジャガイモの歴史について』

      …すみません、今音を立てて崩れたのは誰のハートですか。私ですか。そうですか。
      そして試験開始と同時にときめきながら問題を解くAさん(18)。
      そしてあれよあれよとジャガイモ大王と西洋視察に出かけた大帝が設問に登場して一年前の自分に感謝するAさん(職業・学生)。
      そしてまた今日もコルホーズを答えさせられたAさん(♀)。
      …むしろジャガ問題の後半がすごい勢いで帝政ロシア~ソヴィエト崩壊までだったのですが。
      気を取り直して第二問はまってましたの中世西欧史! しかし「ギリシアの火」がわからなかった…あとで懺悔だ。
      最後の第三問はなんと古代インド史。相変わらず脳裏に地図が描けない私。
      つかここ三回連続でソ連とインドの問題に衝突してるんですが。トレンドなんだろうか。
      夏場に問題を制作しているが故、やはりグルジア問題が響いているのはわかるんだが…。

・国語→ここの学校の国語は少し不思議。第一問が現代文、第二問が古文、そして第三問がいわば「常識と教養」。
     現代文は文化論、古文は『無名草子』より『源氏物語』について語り合う女房たちのお話。
     あんなに出るぞ出るぞと脅されましたが、ようやく源氏がらみにたどり着きました。
     常識と教養は、「古典作品の分類」「季語」「慣用句『気のおけない』」「四字熟語」「慣用句正誤」。
     しかし一瞬四字熟語の問題(漢字の誤りを見つける)で「酒血肉林」を見落としかけた自分がいた。いや、なんかミスマッチ。
     正しくは「血→池」ですね。殷の紂王の后である妲己のエピソードより。

・なんだか疲れた
・とりあえずちゃんと帰れたから良しとするか


ではまた明日! 明日は学校に行くぞ!
[PR]
by forWAM | 2009-02-09 19:15 | DAYs --日々徒然
<< 【怒濤の私大】明日はR大二回目! 【怒濤の私大】明日はS大まで >>