ふたつめのおうちができたみたい。
e0000377_22394028.jpg

学校はみんなの嫁、じゃなかったホーム!


添付は某イグカ風な来雨のお兄さん。
某イグカ風なものを描きたい。


今日の小論が楽しかった!
受かったとか落ちたとか以前に、改めて自我や世界や存在を考える契機になりました。

課題文は「空間の危機/佐藤浩司」、設問は「要約しつつ意見陳述(六百字~八百字)」。
とりあえず、

「現代日本人はやたらと個性を主張したがる。ついでに人間に固有のものである道具、その所有数が多い。
これは、共有された基盤の失われた現代日本社会の中で、自身は人間として生きているのだと証明したいが故のことだ」

というように文章の解釈を開始。で、こりゃ歴史の当然の帰結ですから仕方ないと意見陳述。
デジャヴがあるなと思いきや、なんと前期のぷち小論でも似た具体例の展開をしていた\(^O^)/
前期はアレでした、日本人って自分の文化に外の文化を取り入れて独自のものにするのが得意なんだよって書きました。
具体例は聖徳太子から文明開化、夏目さんの心配を絡めつつでも安心しろってテンションで。なんか改めて書くと笑えますね。
で、後期はといえば、実は文明開化って日本古来の文化を崩して歪めて壊しちゃったのよって話を。うは、なんか真逆。
個人主義や功利主義といった(後者は怪しい部分もあるが)西洋思想って、和や暗黙の了解、空気嫁の日本文化にバッシングする部分が。
それで日本文化の、つまり文化を頼りに生きる人間としての土台は崩れてしまう。
じゃあ改めて土台をつくろう、ってことで個人の膨張、暴走、肥大化が始まる。
互いの個性を会話でぶつけ合うことにより止揚が生じ(このあたり慶応でも書いたぞ)、土台はより高次の確実なものへ。
だから個人を主張して、私は人間だ! ってアピールしまくるのはこれからも続いていくんじゃないんすか、とまとめてみる。
あまりかっこいいまとめにはならなかったのですがね。これが新たな日本文化の土台になるのよと。

こう見ると歴史論+文明・文化論+実在論+端を鉈あたりでぶち割ったような話ですね。

どれも大好きな分野でぜえぜえはあはあでした。でも妄想炸裂しないようにロックしました。
で、ここで一部の方々にお礼を。具体例に「本文にもあったし」とブログの話を出しました。
私を含め友人でも多数持ってる人がいて、小さな日々の出来事がつづられている。
それは「私は現在を生きているのだ」という無意識の叫びから生じて、存在を記録してそいつを他者に伝達し、認めてもらいながら切磋琢磨して、人間として生きている証にするんだ、と。

後半からカヲスですね。
でも存在はそれを観測する他者を必要とするんですよ。
その他者の中に取り込まれることにより初めて存在は成立する。
互いが互いに取り込まれて解釈がなされて初めてつながりが生まれる。

こういう話が大好きだ。

自分と世界。存在と世界。言語と世界。歴史と世界。

そして自分と他人。実存の交わり。現在を生きているということ。

こういう話が大好きだ。
よかったです、小論。


さてオチはここからつきます。
華麗に時計を忘れました

教室に時計があって良かった…!


そういや初めてO宮ソニックシティに行きました、今日。
先日も触れましたが、学校に顔出しに行きました。その途中でW大の入学書類を出さねばならず。
O大近くに郵便局がなく、そういやO宮駅の構内にあった気がするーと。
まあ実際ありました。位置わからなくてインフォメーションセンターのお姉さんに聞いたら教えていただきました。

しかし着いた場所には「ここは郵便局ではありません」の張り紙

…ボクニホンゴヨメナクナッタカナ…?
というわけで最寄りのソニックシティまで。残念です。
その路上でお兄さんから電話があり、その会話の中でようやく息切れしてる私に気づかされました。やっぱり残念です。


学校。
いきなり灸たんに襲撃される。
うちのクラスの回収した参考書を整理する。泣きたくなる。
ようやく職員室へ。しかしうちの学年はもぬけのから…かと思いきや学年主任が現れた!
暫くぐだぐだと話すうちにルパンさんも登場。相変わらずのもみあげ。
そしてツッコミ(しかもかなり激しい)二人に一人でボケること十数分。
W大の書類の話をした際、

ルパンさん「でも生姜谷(※仮名)ならタクシーメーターひとつくらいでW大まで直に出しにいけたんじゃないの?」
学年主任「でもそれで直接出して『最寄りの郵便局から出してください』って言われたらやだよね」

あなたならどう対応しますか。もうだめだおもしろかった。
更に畳み掛けるよう現れた高一の担任。ちょ、声でかい職員室中聞こえてるwww
「あのころは休んでたよねー」とか「あのころは大変だったねー」とか懐かしい話。
一方、「あのころ」を知らないルパンさんと学年主任。というわけで荒れてた中三の頃の話をしてみる。
ラストはひたすら笑いまくりました。破壊力が凄まじすぎるぜ元担任! やっぱりいいなあの職員室。

あと、教室からトイレへ行く際に通る屋外が素晴らしい光景になってて盛大にふいた。
ピクニックをしろというのですね。わかります。


今日は疲れたんで寝ます!
明日はカラオケだ!
[PR]
by forWAM | 2009-03-12 22:39 | DAYs --日々徒然
<< 楽しいよね、友といるのが。 明日また闘えるのも母校のおかげ。 >>