土蜘蛛の異様な強さについて。
e0000377_23544858.jpg

行ってきました、TRPGサークル。
やってきました、シルバーレインRPG。
新入生三名、既会員二名、GM一名の六人で卓を囲んで参りました。
他にもダブクロとかエンゼルギアとか、沢山たくさんありましたよ! ダブクロは結局立ちませんでしたが…。
最初集まった段階では女子がまさかの一人だったのですが、最終的には先輩方と混じりまして。銀雨卓にもいらしてくださった…!
超なごやかで超アットホームで超ネタ。あちこちで邪気眼発動とか、何かあると「ざわ…ざわ…」エフェクトとかなんだここは。
…要は、遺憾なく遊んで参りました。

さて銀雨でしたが。
ハンドアウトは三人分、ということで新入(侵入?)組に割り振られました。
選択肢は霊媒士/魔剣士/水練忍者だったのですが、前お二方が最初と最後を選ばれ、またやってみたかったので魔剣士に決定。
行灯がまさかの前衛…しかも来雨はまだいまいち動かしていないので、実質はじめての前衛。
一応全体の様子を見、気迫重視のボコ殴りかつ壁キャラになりました。ばっさりパーティを書いてみますと、

PC1 霊媒士×グレートモーラット
PC2 魔剣士×土蜘蛛 ←行灯はこれ
PC3 水練忍者×スカルフェンサー
PC4 ナイトメア適合者×ヘリオン
PC5 魔弾術士×白燐虫使い

…なんと気迫重視キャラ(≒HP高め)はただ一人。前衛が少ない話をしていたら、

行灯「私、前で一人ですか?」
GM「いや、スカルフェンサーがいる」
PC4「こう、振り返ると、カタカタカタカタ…っと」

どんなホラーですかこれ(※銀雨は元々、少しホラー要素があるよ!)。
で、うちの子は…カードの神様に一部、設定をお任せしたら泣きたくなりました。
出生が「裕福な家で~」なのに、特技に「スリの才能」。なんだこれは。
というわけで、「能力者が多数いる環境に憧れて入学」したあたりから、今までの「いい家の子」要素が反動を起こした…となりました。
本業能力的にも光学機器に写らなくなるわ、他の特技に「街の情報」「情報検索」がでるわ、これなんて裏社会の住民。
でも、みんながいるから学校はここ! とするあたり、ほんの少しだけ寂しがり屋さん。どんな高一なんだ彼女は。
ちなみに、名前は「三原紅/みはらこう」。三原光流(みはらひかる/エアギアノートにいました)の親戚という謎設定が付加されました。

シナリオ。少し猟奇的だったりグロかったりするので白くしますよ!

最初から友人がめためたにされました。智鳴君つー子。
その相手が謎の神父と謎の少女。二人は智鳴の 目玉 をこう…ぐいっと…。
確かに最初「グロいです」という話はありましたがなんてこったい。そこですかさず「断章のグリム」の話がでるなんてなんてこったい。
…どうやら少女は盲目らしく、神父に騙されて様々な人々の眼球を…がりっとしてる…ということで。
しかし後々、

GM(神父)「ある時は黒い神父、ある時は顔のないスフィンクス…」

ちょおまあぁぁぁぁぁぁあぁぁ!!1!
それ何て某ニャルラトホテプ様! と一人で騒ぎかけてかなり重症でした。
ちなみに智鳴君、翌日は病院にいました。

紅「しかし彼、平気なんですか…?」 ※智鳴はかなりボコられた末、紅とPC5様(ジジさん)に助けを求め、目玉を抉られていた
GM「うん…だからほら(と言ってキャライラストを指さす)…死にそうな笑顔で描いてみました
全員「うわあぁぁぁぁぁ(爆笑)!」

で、私はジジさんと智鳴君のお見舞いに行き、他の方々は図書館や野生の勘で情報収集。
どうやら、例の少女は智鳴と同じ病院に入院してるらしい。あと、やっぱりニャル様らしい。ついでに、ニャル様は強いらしい。
こんなことをしているうちに、病院の近くでゴーストが出現!
そしてやってきました…バトル開始時のお約束。
正直なことを言いましょう。

「イグニッション!」と叫びつつポーズをとるのはかなり恥ずかしいです

しかしやる、しかも実際のイグカを片手に(中の人は静火さんだが)。
あのTRPGにまみれた空間でも恥ずかしかった。今度やる人々もちゃんとやれよ☆
ちなみに、PC5様(浅倉さん/中の人がすげープレイが上手い)のイグニッションが一番…恥じらいがなかったというか。漢だ。
バトルはですね、ぶっちゃけ滅茶苦茶楽しいです。台詞をばしばし言えるあたりが素晴らしい。
判定に利用するカードに書かれている「アクトワード」を交えた(踏まえた)台詞を言うと、ボーナスが来るのですよ。
この一戦目(雑魚戦)はカードまわりも良く、ジジさんの拡散弾が炸裂する等ほいほいとバトルが進んでいきました。
その後、学園に頼んで面会時間を過ぎた病院に侵入し、少女(なんと静鶴/しずかちゃんだった)と会うことに。
彼女は不思議なスプーン(メガリス)を持っていて、それで抉り、口にしたものの力を手に入れることができるのですが。
智鳴の目も、実は最初に嚥下されてました。その後、少しの間だけ視力を手に入れたとのこと。
どうも、このあたりのことを上手く使って説得すればボス戦が楽になるらしい…と、アクトワードを模索する五人。
ワードの中にはNGワードもあるそうで、結局五段階中一段階弱くなった状態でボス戦に突入。
その前のイベントも壮絶でしたとも…GMさんとは気が合いそうだ、猟奇的な意味で。
神父が、静鶴の手術費用のために働きづめの両親の目玉を持ってくるのですよ。
で、こちらに少し説得され、悪いことしたかも…と感じた静鶴はそれを食することを拒む。
そんな彼女を見て、神父はその目玉を握りつぶしちゃうのです。絶望の淵に叩きのめされた彼女は、モンスターに。
…クトゥルフの「盲目なる者」だったよ! まったくGMさんとは気が(略)。

ボス戦闘。
早速、紅にボスから触手が飛んできた! しかも先端はスプーンでぐりっとやられるくさい!
…皆様にアシストしていただき、また気迫攻撃だったため、何とか回避。判定が気迫12とかどんだけ飛び退けと。
しかし回避失敗したら一気にHPの三分の二近くが抉られてたのでよかったです。
その後、浅倉さんが雑魚を三体眠らせました。これで残るは中ボスとボスの二体のみ。
ここで紅は(手札に気迫のカードがなかった上、引き当てなかったのも原因だが)「旋剣の構え」を使用。
次に動いたジジさんの「炎の魔弾」がクリティカル措置で中ボスをかなり焼いちゃいました。
そしてPC1様(月ノ宮さん)、PC2様(アカギさん)のアクトワードが華麗にボスの胸に響く! ジジさんの説教も凄かった!
…というわけで、アシストも含め、第一ターン終了時までにボスは最低段階まで弱体化。中ボスもこれにより消滅。
アカギさんとスカルフェンサーの攻撃もかなり重く、この地点でボスへのダメージは250オーバー。しかしまだ生きている。
第二ターン開始とともに、ボスにイニシアチブを取られて全体攻撃。私と浅倉さんは回避失敗したもののガードを発動。
次の行動がイニシアチブ20組の浅倉さん、ジジ、紅だったので、最初に動くことにしました。
どうせならスパートをかけようと思い、「紅蓮撃」。封術のバッドステータスが来ますが、これで120ダメージ。
それに20ダメージが「旋剣の構え」で追加。この時、私は判定カードを二枚出していました。

GM「あ、《強制召喚》使っちゃうの?」

カードは判定に使う以外にも、特殊なエフェクトを発動させることもできます。が、どちらかでしか使えない。
ちなみに《強制召喚》に関して、最初のバトルのあたりでジジさんがGMに質問をしてました。

ジジ「これってどんな効果なんですか?」
GM「うんと…要は、君の場合なら智鳴を呼び出して一発攻撃させることができる」
ジジ「病院から召喚するんですか!」
GM「うん。(智鳴の口調で)『おら、一発蹴らせろやあぁ!』…って」

さて、そんなことを思い出しながら。

紅「このエフェクトって、自分が行動を既にとっていても、自分の順番のうちなら使えますか?」
GM「うん、今宣言したら使えるね。でもこのカードはもう気迫判定に使っちゃったから…」
紅「…じゃあ、使わさせていただきます」

おもむろに山札にカードを一枚。

紅「…智鳴、召喚っ!」 ※紅のコネクションで呼び出せるキャラも智鳴だった
GM「ちょ、《強制召喚》二枚も囲ってたのか!」

…ということで。
いきなり現れた智鳴君が(まあ同じ病院にいましたけど)、「クレセントファング」をボスにお見舞い。

GM「うん、ボスのHP、350なんだ…計算しなくて、いいよね?」

まさかのNPCが留めでした。目玉の恨みか。
そしてまたいきなり消える智鳴君。
…つか、気づいたら召喚キャラになってませんか、うちの子…。

エンディング。
ジジさんの説教にあった「自分の足で立ちなさい!」という言葉を軸に、みんなで静鶴を励ます。
そこに飛び込んできた智鳴の顔には、瞳がちゃんとついてまして。

GM(智鳴)「おい、目、治ったぜ!」
PL「…」 ←いきなりすぎて呆然。
GM(智鳴)「…この場合は喜ぶだろ、普通」
ジジ「…あら、そうだったの?」(全員爆笑) ※ジジさんは少しキツい物言いで浮き世離れしたキャラ

と、いうわけで。
神父が去り際に残した、「第二、第三の静鶴」の話。
しかしそこから立ち直った静鶴の、新しい決意。
…始まりを感じさせる雰囲気の中、無事、セッションはエンドとなりました。


つーことで皆様、お疲れさまでした!
他にもグレモvs魔弾術士(猫版)の縄張り争いやら、浅倉さんvsジジさんvs月ノ宮さんの口の減らない三つ巴やら、それをガタガタしながら見守ることしかできないアカギさんと紅やら…諸々ありましたが、ここでは割愛させていただきました。

来週もまた顔出しできたらな、と思います。
アルシャードガイアやらNWやらが立つ時もあるらしく、ALGまみれの先輩とはかなり話し込んでしまった(笑)。


では! 明日から授業だ!
ちなみに記念すべき最初の授業は…うーん、これでいいのかな?


>>わっふん
じゃあ、セッションの時にでも>アデカン
…一足先にイグニッションしてしまい、正直すまんかったが反省はしてない。
周囲をサポートできるよう、がんばりますねー。

>>若様
じゃあ、いつか会う時にでも>愛
上記にもあるように、変な話、流石早稲田です…あちこちに叫ぶ方がいらっしゃいます。
早く、若にも見つかりますように!
[PR]
by forWAM | 2009-04-05 23:54 | 未分類
<< 先生方が…すごい…です…。 TRPGサークルさんで銀雨とク... >>