<   2008年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧
Just walk beside me and be my friend.[Camus]
模試ー。
一言だけ言うならば→漢字をがんばろう。
渤海と拓跋桂間違えた…漢字を!
そして模範解答、学校置いてきた。
とりあえずおつかれー。


今日の名言、全文。

Don't walk in front of me, I may not follow.
Don't walk behind me, I may not lead.
Just walk beside me and be my friend.


これは、大事なことだと思います。
いつかこういうことで、悩んだこともありましたが…。
隣にいる、というのは、難しいのか簡単かわかりませんが、どうなんだろう。
自分の中での不安や煩悩がある程度まで薄まれば、簡単とはいえなくとも、そうはなるんじゃないかなと。
私の場合は、自分の中にある感情をどれだけ前向きに捉え直せるかが肝要で。
そういうことを少しずつ自覚して過ごす日々でございます。

毎日の新しさに目が眩む。
この明るい世界を、歩いてゆくだけ。


そんなこんなで最後の和訳まとめです。

【二十日/ウィリアム・ジェームズ】
人生を恐れてはいけない。人生は生きるに値するものだと信じなさい。
その思いが、その事実を作り出す手助けとなるであろう。

【二十二日/チャーリー・チャップリン】
笑いは強壮剤、気晴らし、苦痛の放棄だ。

【二十二日/チャーチル】
決して屈するな。決して、決して、決して、決して。

【二十四日/ノヴァーリス】
哲学とは活気を与え、蘇生させることである。

【二十五日/チャーチル】
私は豚が好きだ。
犬は我々を尊敬し、猫は我々を見下す。
だが豚は、我々を対等なものとして扱ってくれる。

【二十五日/ロマン・ロラン】
英雄ってのは、自分に出来ることをやる奴のことさ。

【二十六日/ソクラテス】
私は、アテネ市民でもギリシャ人でもない――私は、世界市民だ。

【二十七日/カール・マルクス】
人間が宗教をつくるのであって、宗教が人間をつくるのではない。

【二十八日/フランクリン・ローズベルト】
我々が恐れなければならない唯一のものは、恐怖そのものである。

【三十日/ルイ・パスツール】
チャンスは、心構えのできている人のところにやってくるものです。

【三十一日/カミュ】
僕の前を歩かないで、ついていけないかもしれない。
僕の後ろを歩かないで、導けないかもしれない。
ただ僕と一緒に歩いて、友達でいてほしい。

つーわけで、長かった!
けど、かなりいい勉強にはなりました。
そうだなあ…例えば、対比構文は強いな、とか。基礎単語や言い回しの重要性も。

ちなみに二回、学校での名言とかぶりました。
ひとつめはチャーチルの“Never…”が、麗しのD組にて。あのクラスは英語名言! これはこちらが知らずに後出し。
もうひとつは、フランクリン・ローズベルト! うちのクラスで、これはこちらの方が二日ほど早かった。
いきなり担任が横文字書きつつ「“itself”ってどう訳すのー?」なんて言ってるから、もしやと思い…。
楽しかったです。まる。

来月も名言系で参ります、どうぞよろしくー。
[PR]
by forWAM | 2008-05-31 21:41 | DAYs --日々徒然
Chance favors only the prepared mind.[Louis Pasteur]
e0000377_23135126.jpg

【今日の復習】
[1-2 国語]
裏を読め、裏を。
きっかけ→心情→行動、欠けた要素は補填せよ。
事実だけではなく、そこから推測できることが大切。

[3-4 生物]
負のフィードバックは読解で狙われる。
どこが駄目になったからどうなる? 因果関係の把握。
自分につなげて覚える血糖値の調整。どんな状況なのか?
浸透圧は何が起こってるか書くといい予感。
そうですねドーパミンでてますね悪かったな! ←後日談。

[5-6 美術]
チョコ魔が隣ですごかった…。


ドーパミン。
一部の方しかわからなくていいです。

地元でのバス待ち中、何かの流れでドーパミントーク。
王様に、お前は出てるよなと言われましたが何か。わかりやすくて残念だよ私!
…そして、でも君は数学に対してドーパミン出してない? と返してみた。
納得された。
くやしい。

担任が家系図に対してドーパミン出してたらどうしよう。
あと、パの人はベクトルにドーパミン出てそう。
仮面さんはいつもドーパミン出てるよあれは。

出しすぎると早死にするらしいけどね!


とっくに洗濯され乾きましたが、その前の状態の赤いふもふも。
これから、あらわれます。きれいなちょうごうきんです。

実際は頭上のアンテナが挟まれてましたとさ。ちょっと母上。
[PR]
by forWAM | 2008-05-30 23:13 | DAYs --日々徒然
The only thing we have to fear is fear itself.[Flanklin Roosevelt]
e0000377_23511759.jpg

【今日の復習】
[1-2 英語読解]
のっけからハイテンション。
“of”付近の訳し方、困ったらこれを思い出せ。
イベント系の言葉は必ず過去を内包している。
現在の視点から過去を断罪してはならない。現代文的かな?
具体例の繰り返しや具体化された箇所は読み飛ばせる。問題はそれに気づけるか。

[3-4 世界史]
『ヤルタに始まりマルタに終わる』冷戦の伏線。
ポツダム会談の人員はとにかくカオス。結局スターリンだけが残った。
二次大戦の結末。原爆が落とされた裏には、やはりここにも米ソの確執。
ニュルンベルクと東京での裁判。つまりは戦勝国のほしいまま。
国際連合もそんな感じ。だって中国名は『連合国』。
一時隠遁中のド・ゴールとチャーチル。片や第四共和政批判、片や『鉄のカーテン』演説。
「知らない人からお金もらっちゃだめって言ったでしょう! そんな子はうちの子じゃありません!」
…マーシャル・プランでチェコスロヴァキアに説教たれるソ連の図(by.担任)。

[5 体育]
特攻隊長こわーい。

[6 数学]
テストオタワー。

[放課後 国公立世界史]
河合全統記述過去問をひたすら。
結果67+6! 筆記ミス大杉!
…濁点の位置と難しげな漢字を確認するべきかと。
論述は怪しくても何か書くべし。
やはり直感は大事。


今日の名言はそんなわけでフランクリン・ローズヴェルトの就任演説より。
有名な話なのかもしれませんが、彼、アメリカ歴代大統領の中で唯一、四選かつ重度の身体障害者なんだそうで。
車椅子だったそうな、小児麻痺で。だけど本人がそれを気にした上、マスコミもあまり伝えなかったという。
故に、この事実はアメリカ人でさえも知らないことが。まあまだ写真中心だろうしなあ。
切手コレクターってあたりに何かを感じつつ、やっぱりセオドアさんとは親戚なのか…。


父上が庭からバラをとってきてくだすった。
赤バラ赤薔薇、ランカスター家の花ですねー。
花瓶がなくて丸底フラスコで間に合わせているあたりが我が家な感じです。
そして猫がすかさず食おうとしたが拒否! おいしくないよミー。
毛玉のいる生活にまだ慣れません…。
[PR]
by forWAM | 2008-05-28 23:51 | DAYs --日々徒然
Man makes religion, religion does not make man.[Karl Marx]
e0000377_23175040.jpg

【今日の復習】
[1 生物]
グラフに書き込みがはいるか。必要事項や気づいたことは迷わず書き込め。
ホルモンと内分泌腺は覚えるしかないな。効能をごっちゃにするなー。

[2 体育]
膝に痣が…紫痣…。

[3-4 英語筆記]
キルケゴールの言いたいことが少しわかった、気がする ←
宗教の存在価値に関する英作文@一橋大改題。
裏から書く場合、意見の反転は早いうちに。主題を多く述べよう。

[5-6 現代文]
早稲田は希に、語を抜き出せといいつつ句だったり、嫌な問題が。
言語論と環境論が不思議に融合。
環境論のキーワードは『自己規制』。どこまで我慢できるのか?

[放課後 東大古典]
愛と恋の違いについて、あるいは恋人と夫婦の違いについて。
古典世界での恋愛はだからチラリズム。本心はなかなか見せません。
歌のやり取りでうまく返す、うまく相手をいじるのがポイント。
寄物陳思のこころを忘れない。対応の場所は?
漢文。言われていることをまずはやる。
品詞分解、指示内容、否定表現。英語に似てるポイント。
些細な記載も、実は意外とキーになる?

[番外 数学]
数列も、むしろ数学はなんでも、困ったら日本語にしてペンを動かそう。
漸化式は式の関係を表している。それを等差や等比の形にわかりやすく変形!
さりげなく、やはり一般項を出すのは大切。出してあげよう。


ミーを撮ろうとしたら、父の足と預かりものの赤いふもふもしたやつが。
しかも被写体は毛繕いに忙しくてぶれてるし。
赤いふもふもは洗われる運命です。
父のリビングの足置き台がミーの好きな場所ー。
次男に追いかけ回されながらも、奴は強かに生きています。
[PR]
by forWAM | 2008-05-27 23:17 | DAYs --日々徒然
I am not an Athenian or a Greek--I am a citizen of the world.[Socrates]
【今日の復習】
[1 現代文]
ここまで奇怪な漢字ははじめてだ>98年度センター
いやらしい問題、でも根拠はあるの。
消去法って、なんというか消せる根拠だけじゃなくて残せる理由もほしい…。

[2 古典]
やはり文法を気にしよう。
意味よりも、そこから導ける解答が圧倒的多数。
読めないと思ってはいけない!

[3-4 数学]
目的を明確にもとう。
問題文には必要最低限が書いてある⇔どの条件も必ず使う!
ベクトルで垂直なら、とりあえず内積計算できないか疑ってやる。

[5 文系英語]
近頃流行りなのか、過労死。
会話文の補充は、イディオムはもちろん省略に気づく!
会話ならではのやりとりに慣れよう。

[6 体育]
なんかずっとやってた気がする…。


今日も空が綺麗でした。
こう言うのも不思議ですが…ああいった存在から、生まれおちたのかと思うと素敵。
あの解放感や浮遊感は、どこからうまれてくるのだろう?
静かにそこに佇むだけで、風の音しか聞こえない。

…いいなあ、平和。

適度な息抜きも必要だと、昨日一青窈のライブに行っていた担任が言っていた。
しかも夫婦で行ったのか…!? ←某駅での目撃情報アリ。
なんだ、おいしいな、おい。


ところでなんでこんな話になったかといえば、そうかコスモポリタニズム。
アリストテレスやカントの考え方かと思いきや、ソクラテスにもあったとは。
つながるものがたくさんあるのですねー。
素敵だ。
[PR]
by forWAM | 2008-05-26 23:06 | DAYs --日々徒然
A hero is man who performs a possible thing for himself...[Romain Rolland]
e0000377_2301169.jpg

□ロマン・ロラン
 十九・二十世紀フランスの作家、代表作『ジャン・クリストフ』。
 「理性と勇気とをもって社会の諸悪と戦う」戦闘的ヒューマニズムを展開。
 そんなあたりからか、名前をもじって‘ロマンの戦士’とも呼ばれる。
 余談だが、先日の発言(最終日の名言は~)の予測候補として某さんから送られてきたのも彼。
 更に余談だが、某氏も認めるダンディな『おじさま』。写真か何か参照のこと。


猫、つめほうだい。
二十日ほど前の様子らしい。
うちに来たのは元捨て猫、妹の友達が拾ったらしく。
ぜんぶで三匹いる中の、次男(?)だそうな。
詳しい情報がまた、わかり次第…。


はやみねかおるの新刊が、何故か本屋に。
買いません、否、買えませんでしたが…金欠orz
最近本屋に行けないので、こうなったら取り寄せるか…セブンアンドワイ。
どうするどうする。あと、『Dream Port』もどうするどうする。


夕焼けって、偉大。
黄昏の時は刹那なんだなと思ってみる。
そんなセンチメンタルな午後でした。


>>秘書
是非とも次は、八世のピザ配で。

>>ゆかりさん8-)
どうやって! どうやって大脱走!
…授業にならないというか、和むにゃあ…。
[PR]
by forWAM | 2008-05-25 23:00 | DAYs --日々徒然
I like pigs. Dogs look up to us. Cats look down on us. Pigs treat us as equals.[Charchill]
e0000377_10233659.jpg

にゃふにゃふ。

ようやく先ほど対面しました。
愛称はミーです、何かの略らしいが未定。
どうぞよろしくにゃふー。
[PR]
by forWAM | 2008-05-25 10:23 | DAYs --日々徒然
Carrying out philosophy is giving vigor and it is making it revive again.[Novalis]
□ノヴァーリス
 十八世紀ドイツのロマン派詩人、代表作『青い花』。
 二十二歳の時、十歳も年下の少女・ゾフィーに恋し、婚約するものの彼女を喪いうという、悲しいエピソードを持つ。
 そしてその体験に基づいた、神秘主義的な作品の数々を残す。つか昏倒して凡我一如の境地に陥るとか大変だ。
 ちなみに、ウィーン会議においてプロイセン全権を握ったハルデンベルクとは親戚関係。

【昨日の復習】
[1-2 国語]
頑張れ私の文学史知識…! センターはいやらしい問題がくるぞ!
『解釈しなさい』はあくまで解釈。流れを汲んで答えてあげよう。

[3-4 生物]
どこまで問題に突っ込めるかがケアレスミスさんを減らすポイント。
実験のリード問題は、冷静になればやはり解けるんだと思う。
果たして軸が何を示しているか? 難しい表記は簡単に噛み砕け。

[5-6 美術]
ベストにアクリル絵の具(白)つけた ←

[放課後 倫理]
語尾上げるとフランス語めいた発音になるらしい(by.八世)。
大陸合理論。我思う故に我在り、理性の在り方の話。
演繹法はいわば方程式。A=BかつB=Cなら、A=Cは当たり前。
スピノザとライプニッツの考え方って、要は視点がマクロかミクロか。モナド論に日本的なものを感じる…。
社会契約説。時代は絶対主義、自然権はどうするべき?
ホッブズは、逆から構成した絶対王政。
ロックは、法により縛られた議会を用いる体制。
ルソーは、下手するとファシズムにつっぱしる危険性も。
カントに始まるドイツ観念論、理想主義。プラトン的な静の立場。
感性も経験も、盲信はよくない。そこからはじまる彼の考え。
道徳における良いことが善。嘘はつかない、ものは盗らない、人は殺さない。
しかし「濡れ衣を着せられた知人を匿い、訪れた警察にそれを隠す」のは即ち悪になってしまう。
ついでにカントは『個人の善』を極めたわけであり、他人にはあまり関わらないあたりが辛い。
(とはいえども「他人は手段ではなく目的」という尊重の姿勢や、平和の希求は国連成立なんかに影響を与える)
このあたりの調整を含め、次回はヘーゲルから始まります。


【今日の復習】
[1-2 古典]
説話まとめ。
仏教説話と大衆説話の二つに分かれてます。
平安はとにかくシュール、鎌倉以降はおもしろおかしみを探す。
最後のまとめはきちんと読みとりましょう、ミソです。
歌物語。在原業平は当時の理想の男性像! 好色でひたすら愛されたら愛し返すような。
夢のもつ意味は重すぎる。夢占いとか、現在にも通じる意識があるなあ。
夢はいつか現実になるんだそうな。や、やめてくれ…orz

[3-4 現代社会]
日本経済の成長。なんか懐かしい話でした。


昨日は衝撃の事態が。
バス停でバスを待たない行灯は、王様と散歩をしていました。
で、終バスの発車時刻一分前くらいに、バス停まで十メートル地点についたものの。

フライング発車しやがったorz

というわけで終バスを逃したわけです。残念だったねえ!
そこから先は、普段は使わない路線のバスに乗り都電に乗り十分ほど歩き…。
結局三十分ばかしロスして帰宅が十時十分過ぎ。日記書く気力も失せたよママン。


つーことで、本当はカントの名言にしたかったのですが…。
あまりに疲れていて探す気力も以下同文…。
まだまだ書きたい名言もあるので、下手こくと来月は日本語で名言になる恐れが…!
ちなみに今月ラストのタイトルは既に決まっております。
ヒントは、二十世紀にノーベル文学賞を取ったフランス人。当たった方には何かしてもいいかもしれませんねー。


猫きたけど会ってないよー。
名前はミーだそうです…うん、猫だな。
いつかにゃふと鳴かせてみせるぜ! 乞うご期待! ←←
[PR]
by forWAM | 2008-05-24 23:06 | DAYs --日々徒然
Never give up!Never, never, never, never![Churchill]
【今日の復習】
[1-2 世界史]
ポーランドにドイツとロシアが侵攻。
フランスはあっさりやられました…ペタンの親独政権は南側。
裏切りのロシア、とりあえず背後つつかないでねと日本を押さえる。
日本は資源が欲しい国。山本五十六は半年だったか…。
しばらくはまだまだまだまだ我慢しているイギリス。
でも裏ではアメリカなんかと仲良く戦後処理考えてた。
初夏からロシアと戦うドイツ、しかし冬将軍のタイムリミットが…!
そんな中ちゃっかりイタリアが枢軸になったあたりなんといいますか。
そしてようやく、ロシアからの第二戦線要望により、イギリスとアメリカは重い腰を上げる…。

[3-4 文系英語]
間違い探しは動詞に注目。主語との対応は? 前後でつながりは?
あとは空欄補充、指示語を追えば十分解ける問題も。
当たり前ですが、イディオムや接続詞もきかれやすい。

[5 英語読解]
指示語はあまり疑り深くなってはいけない、対応をとろう。
訳の忘れ、欠損に注意。

[6 英語記述]
関係詞はイディオムの元の形を考えよう。
制限用法は制限したいから使うんです!

[放課後 文系国公立英語]
may「(すごく弱い)だろう」<must「(かなり強い)せねばならない」。助動詞の強弱!
make O C ってやっぱり普通な語順で訳そう。
これも係り受けか…対応をとり、並列や比較の関係を把握。
単語がなかなかにやばい予感。


チャーチルは、二次大戦時のイギリス大統領です(終戦間際で交代)。
なんだかとてもインパクトノアる言葉…。
困ったときは唱えてください、是非。


いきなりですが、週末、

うちに 猫 がくるそうな…。

妹がもらうらしいのだが、すごくいきなりだった。
昨夜は「もしかしたら来るかも」だったのがマジですか。
一日で話が急展開しすぎです。すいとんふきかけた。
茶色で雄、生後二ヶ月とかそんくらいみたいです。
名前はまだないわけですが、ネタで八世とか言ったら母にクリティカルヒット。

…ごめんなさい自重します。
[PR]
by forWAM | 2008-05-22 23:16 | DAYs --日々徒然
Laughter is the tonic, the relief, the surcease for pain.[Charlie Chaplin]
【今日の復習】
[1-2 英語読解]
受動態や疑問といった倒置を引き起こす文法、狙われます。
元の形はどうなのか? 細かく見ていくことが肝要。
時制は現在形が真理、過去形はその証明過程。
エスノセントリズム。

[3-4 世界史]
後述。

[5 体育]
右腕が痛い…。

[6 数学]
三次元も二次元もあまり変わらない問題もあります。
ベクトルは、困ったときの遠回り。
別の事柄に置き変わらないかな?
折れ線の最小値は対称移動。

[放課後 国公立世界史]
なんだかミャンマーも中国もホットだなあ。
近代東南アジア史は、現在にもずるずる続いてるものもあります。
中国カオス。もうやめてください。
ファシズムは激右派。左に見せかけた右というなんともいえない…。
世界恐慌で拍車をかけたヴェルサイユ体制の崩壊。
結局、うまく復帰できなかった国が枢軸になるのです。
ヒトラーとローズヴェルト、やり手はどっちだ?
ドイツの横暴な振る舞い、イギリスのとりあえず耐えてみようか。
スペインもわさわさ動いてみる。『ゲルニカ』はこのあたり。
フランコさんはかなりうまく、協商国の監視の目をかいくぐって最近(?)まで生きてました。
そして二次大戦へ…。


チャップリンがでてきました、世界史。
ヒトラーと同い年…運命ってわからんなあ。
[PR]
by forWAM | 2008-05-22 00:02 | DAYs --日々徒然