<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
【娘の一生】
e0000377_21495625.jpg

早大プレお疲れ。
教育学部で受けてきました。

しかし英語四割とか絶望だなw orz

国語はなんとか六割。無駄に世界史が七割。どうにかしてくれ。
つか先日の三者面談で英語のウェイトが高くかつ日本語の美しさを問われる某大学を打診された件orzorz

あまりの疲れ具合に科博出身のオリゼーが癒してくれようと必死。
でもなんかちがう。


つーわけで! 金曜日に牧野修氏の新作(というよりも文庫化)『黒娘 アウトサイダー・フィメール』が発売されました。
で、もちろん金曜日に買いましたよ。でもね、色々と問題が。
…下ネタ駄目な人ごめんと先に謝っときます。

とりあえず帯の裏側、キャッチコピー。

「三つ数えるから、それまでに勃ててよね」

…これ書店に並べといていいんですか…?
ちなみにこれに気づいたのは、レジのお姉さんにこれを出すとき。裏返してたのですよ。
ものすごく恥ずかしかった。そして絶対自宅で読もうと思った。正解。
ちなみに本文は程良く時に過激なエログロ。
でもそれだけで終わらないあたりが流石の展開でした。エログロのくせにスッキリな読後感。

つかエロい。エロいよ牧野さん。特に前半は危険。後半はむしろ肉体的なグロさと痛さが備わる感じ。
『インキュバス言語』(『楽園の知恵』収録)とどっちがエロいんだろう。
『インキュバス~』は言葉がひたすら猥雑、卑猥。つかわからない単語があると調べる私自重。
タイトルからしてわかりますが、まあエロいとはいえども生命の発生には避けられない事態よねとまとめてみる。
…でも、初読は電車の中だったので周りの目が痛かったような。アイタタタ…。
で、『黒娘』は描写がエロくてついでに痛い。痛覚描写が辛すぎる。
この話の軸にあるのは『性差』、あと『男尊女卑』。だから多々強姦シーンもあるのですが…。
むしろ主人公のアトムとウラン(美女&美少女)が襲ってるシーンもあるよなあ、二重の意味で。

さて主人公やら設定やら。
牧野氏大好きなキリスト教的設定がまたふんだんに用いられています。こちらは敵側。
で、対する主人公側にも宗教的モチーフが、なかなか意外な場所から引っ張られてました。
帯にもあるように「天災コンビ」の主人公二人、最初はお前ら馬鹿か! な感じにお話は進行していきます。
が、実は馬鹿じゃない。読むにしたがい明かされていく謎、というか馬鹿じゃない理由というか。
いや、馬鹿じゃないんです。やたらとびっくりすることするからです。
裏表紙の作品解説曰く「馬鹿な男たちは皆殺し」。
…えー、半端じゃない量で殺していきます。しかも淫靡で陰惨にスカッと爽やかな方法で。あれ?
一話一話は主人公二人が黄門様の勧善懲悪物語で、それらがつながって大きな結果を生み出す。そんなお話。
しかもある程度まで現実にありそうな話だからまた恐ろしい。

そうだな、性を武器にしたり盾にするのはあまりよろしくない(と思う)が、逆にそれで虐げられるのはおかしい話で。
女はじゃあ何のために生きているのか? ただの男の奴隷に過ぎないのか?
ただの性的な対象に過ぎない、愚かな存在だと言われた時。さて、どう生き抜けばいいのか?
残念ながら、世界はそこまで、まだ、優しくないのです。
いくら法的規制があって処罰があったとしても、消えない風習や了見はあるのです。

この考えをぶち壊そうと「馬鹿な男たち」を殺し、女性を助けるアトムとウラン。
恐ろしいけど果てしなく娯楽小説、でも深い。

結論。ぐだぐだ書きましたけど。
当書はポルノ小説でも、スプラッタ小説でもありません。
覚悟を決めて、気楽に読んでみてください。


現在『無痛』/久坂部羊氏をばりばりしてます。
むしろ英語をばりばりしてくれ。





「結婚、したいなあ」
「? どうしたの、いきなり」
「だって、まだ十六ですよ、あたし」
「ああ…結婚には、まだ義父さんの許可が要るんだっけ」
「うん。だから、早く卒業したいー」

「…駆け落ちでもする?」

「! あ、あの、そんな耳元で…」
「僕は本気なんだけどな、亜梨奈ちゃん」
「いや、そうじゃなくて、」
「君が自由ならいいのに。それならすぐにでも僕のものにしてあげられるのに」
「先生…きゃっ」



「今日は多能先生、お休みよ」
「あ、水城」
「? どうしたんだ、くまができてるぞ」
「…少しはデリカシーが身についたじゃないの、柳。大地の教育の成果かしら?」
「いや、それほどでも…」
「で、そのデリなんとかっておいしいの?」

「…。昨夜ずっと、亜梨奈の懺悔を聞かされたのよ」
「懺悔? それってもしかして…」
「ええ。どこからともなく飛来したハリセンが多能先生の鳩尾にクリティカルヒットした話。その原因とかね」
「犯人は亜梨奈父こと明氏か…学校内に親が居るのは大変だね」
「しかも片や生徒、片や教師。無い話じゃないけどね。
 まあ明氏も明氏で、心配なのはわかるけど、あそこまで過保護じゃ裏返って嫌われるわよ」
「恋路って難しいね」
「ええ。大地は話が解るみたいね」
「いえいえ」

「…あのう、水城様に大地様? 俺は…」
「さてと、こんなのに関わってる暇があったら寝なきゃね。じゃ」
「うーい」



「…畜生、この柳は、この展開に必要不可欠だったのか? 畜生…」
「まあまあ茶でも飲んで」
「お、いいのか大地?」
「…いや、やっぱりマリアナ海峡より深く反省してた方がいいよ。ちなみにおいしくないからね、マリアナは」
「ちぇー」





こっちもぐだぐだだ。
激しく空蝶学園ネタより、一年四人と変態保健体育教師でした。


おやすみなさひー。
[PR]
by forWAM | 2008-11-16 21:49 | DAYs --日々徒然
【ア モメント オブ アニバァサリィ】
e0000377_2244595.jpg

怪奇生物を撮った。
使い回し激しすぎる私万歳。


昼間、学校へ久々に行ったらいじられまくりました。
化粧とか。カツラとか。
つか化粧なり髪型遊ばれるなりすると毎回アルバトロス氏がいるのは何故なんだ。
あ、流石にカツラは使ってない教室でやりました。周囲も空いてる状態で。
さきちゃんと姉貴さんと、時折某氏を交えつつやらされましたよ。
疲れました。


痒いところに手が届かない、ダイソー。
小さな、小石一つ入るくらいの巾着なんて、ありそうなのにな。
しかし妙に可愛いスポンジやら、わけのわからぬ缶バッジやら首輪やら…。
需要と供給がよくわからなくなってしまった。これはよくない。


さて、今日は一年の日なので、そんなテンションで書いてみます。









「あ、いたいた」
「…久来」
「ごめんな、いきなり呼び出しちゃって」
「平気。…どうせ、一人だし」
「まあまあ。ほら、行くよ?」

「月が綺麗だね、真っ白で」
「…うん」
「俺達が会った日も、こんな日じゃなかった?」
「…違う」
「あ、ばれたか」
「久来…何をしたいの?」
「まあまあ。すぐにわかるってば」

「一夜って、まだ、一人暮らしできないの?」
「うん。…どうして、そんな事」
「まあまあ。聞いてみたかっただけだよ」

「まだ着かないね」
「…久来」
「ん、何?」
「学校、どうしたの」
「ああ。…実は熱があってね、早退」
「…久来、帰って」
「まあまあ。嘘も方便だよ、一夜」

「あ、見えてきた」
「…あそこは」
「うん、そろそろ気づいてもいいんじゃない?」
「…何なの、久来」
「まあまあ。すぐにわかるからさ、すぐに」

「さあ、着いた」
「…何も、無いけど」
「本当?」
「唯の…公園の、隅」
「間違ってはないね。でも、よく思い出してごらん」
「…。久来?」
「まあまあ。あと一分したら、教えてあげる」

「一夜。
 ここはね、一年前の今日の、この時間に、俺が君を選んだ場所なんだよ。
 だからつまり、何を言いたいかって…わかるかな?」
「…久来、あの。…えっと」
「まあまあ。そんなに気張らなくてもいい。
 いつもの静かな一夜のままでいい。
 ただ一つだけ、聞いてほしいことがあるんだ。

 …生きていてくれて、ありがとう」


ア モーメント オブ アニバーサリー。
それはどこまでも、続いてゆく。

彼らが、生きていく限り。









というわけで久来(ひさき)と一夜(かずや)でした。
この二人組は、ちょっぴり暗めだけど日常にありふれている、そんな子達を目指して、書いてまたは描いています。
ほのぼの、幸せなほのぼのを、できるだけ。

ちなみに久来は弟の来雨(くるう)とセットだと、賢人と狂人な感じになるかな。日常からはかなり外れる感じ。
来雨君は体内にヤバいものを飼ってるというあからさまな大変気まずい設定です。
具体的には…あれ、なんかカーテンの間だから触しyふじこ

【SAN値チェック中】 ←kwsk@よつうべ(少々心臓によろしくない疑惑) @wiki @Uncyclopedia

…やばい。いらぬ解説に字数を割いてしまったああ窓に! 窓に!!
[PR]
by forWAM | 2008-11-08 22:44 | DAYs --日々徒然
【もし、その花が薔薇ならば】
風邪引いた疑惑。
昨日あの後、やっぱり熱が。というわけで今日は寝てました。
それにしてもケーキ美味。はるえぐれいすとは驚きだ(言えてない)。
タテ世を読むも、三十分で眠気が、と思うとメールが来るという悪循環? の中で過ごしました。
久々の休みがこれでいいのか…?


あと、犬がかわゆい誕プレをくれるようです。アッシュ。いや違うけど。
昨日いただいた絵の妄想はまたいつか、今月のお題に使いたいなと。
しかしお題だけで字数食うのをなんとかしたいな。
というわけで今日からお題は日記下になりました。

ではどうぞ↓











こつこつこつこつこつこつこつこつ。
こつこつこつこつこつこつこつこつ。
こつこつこつこつ…。

「騒々しいですよファンズ様」
「わかってます」
「ならば、主のためにもお止めいただきたいのですが」
「わかってます」

こつこつこつこつこつこつこつこつ。

「…アンセム様、私の手には負えません。無理です」
「そんな簡単に匙を投げてどうするのです、ティコ。まあ無理もありませんが」
「私としても、主の御手を煩わせたくはないのですが…」
「有り難う、ティコ。流石は私の片腕です」

そう言いながら、まるで天使のような金の巻き毛と優しい碧の瞳をもつ青年は、扉の前で右往左往するもう一人の青年に歩み寄る。
取り残された従者は低く燃える紅の瞳を、白いカップに注がれた紅茶の、よく似た色の水面に注ぐ。
立ち上る湯気はとうの昔に消えた。それだけの時間続いた、ティータイム及び暇潰し行為の証明。
さて、微笑を浮かべた青年アンセムはといえば。

「見苦しいですよ、ファンズ」

そう言って、エキゾチックな黒髪の青年、その単一な歩行及び転換運動で上気した頬に一撃を見舞う。
予期せぬ事態に直撃を喰らい、何故か例の扉に右肩から激突。纏った純白のストールがずるずると落ちる。
赤い法衣の天使、黒い法衣の悪魔。しかしそれは見掛け倒しの様子。

「手紙が今日の午後届くから、待ち遠しいのはわかります。
 でも、かといってそんなに貴方が慌てても無駄な話ですよ」
「…」
「わかったなら返事」
「…はい」
「よくできました」

残念ながらいつも通り。
ティコはそんな様子を脇目で眺めつつ、そっと、残り僅かなポットの紅茶を補填しに向かう。
時刻はようやく二時、長いながい昼下がりはこれからが本番。

「ファンズ、『その花が薔薇なら』という言葉を知っていますか?」
「…さあ」
「ある地方の諺で、『その花が薔薇なら咲くだろう』と言うのです。今の貴方にぴったりですよ。
 …ただ今は、一緒にお茶を楽しみましょう。やるべきことは、全てやったのですから」

まだまだ、彼らの暇潰しは終わらない。







今回はたらこ(捏造率高し)より、アンセムとティコ及びファンズ。
彼らが何待ちかは謎。確かファンズはアンセムの下にいた、はず。
『その花が…』というのは、イタリアの諺です。日本だと『果報は寝て待て』にあたります。
ただササミ/たらこだとどのあたりになるかわからないのでぼかしてみる。なんだか薔薇のあたりにローマを感じる。
[PR]
by forWAM | 2008-11-03 18:43 | DAYs --日々徒然
【‘N’】
そういえばこの前が誕生日だったなと、彼女は偏屈な知人の家に足を運ぶ。
彼のそれを祝うのは、自分とあと一人だけ。しかもその一人は、まだこの日を知らない恐れがある。
ならばあいつを祝えるのは、私だけだ。
機嫌悪いかなあ、と思いつつ踏み入れた地上約百メートルの一室。
質素なマンションの一部屋を、また質素に使う彼に装飾品は似合わない、のだが。

「それ、どうしたの」
「…あいつに貰った」

首に懸けられた、大人しいネックレス。
男にそれをやるかと思いつつ、似合うからさして口は挟まない。
よく見れば、小さな黄色い宝石のモチーフと、シルバーで形作られた、

「…‘N’?」

イニシャルでも何でもない、謎の文字。
その二つがつながり、そこから銀鎖が延びている。

「…あいつが選んだんだ」
「まあそうだろうね」
「誕生石も考えず、ただこれがいいからと」
「…ああ、わかった」

実にわかりやすい思考回路と理由説明。
あいつならやりかねないなと脳内補充。

「…何笑ってるんだ、クレオ」
「いや何も。それよりそんなにキツい目してるとそうなるよ、クラウス」

あんなことを言いながら、実はとても喜んでいるんだろうなあ。
彼女はそしてまた、堪えきれない笑みをこぼす。

「誕生日、おめでとう」









クレオとクラウス。背景設定はどちらかといえば我々の暮らすこの世界寄り。
あともう一人はなんとなくなので、特に考えず。

ある場所から妄想、ある場所から実体験。


しかし風邪を引いたらしい。
今朝方五時あたりから軽く腹痛、一度治まり外出。
しかし帰宅あたりになりまた腹痛。空腹か風邪か決めかねる。
そして自宅、帰るなり風呂で暖まる。だが出て少しして吐く。
少し食べて現在は安静に過ごしつつ、腸のあたりが重い。吐き気は無し。
あとで熱測ろう。


今日はたくさん祝ってもらいました。謝々。
明日からの活力にしますー。がんばるっ。
[PR]
by forWAM | 2008-11-02 20:55 | DAYs --日々徒然
【孤独な者よ、君は、】
右手に白い『鍵』、左手に白い外套。
それらを私に渡したのは、『門番』を名乗る存在。
――『鍵』に関しては、返したが妥当ではあるが。

「名は、メイカと言ったな」
「はい」
「面白い」
「はい。…はい?」
「実に面白い、その名前は。
 まさに『世界の断罪者』に相応しい」

笑う『門番』と呼ばせる者。
戸惑う『断罪者』と呼ばれた者。
機械的な返答が果たして彼の何を刺激したのか、見当がつかない。
それに気づいてか、気づかずか。

「ある世界には、その名と同じ音をもつ言葉がある。
 その意味がしっくりと馴染むのが、不思議で堪らない」

彼は私の手から外套を引き戻し、その襟元を指でなぞる。
軌跡を描いて浮かび上がるのは、漣のように揺れる文様。
その文様の表すものこそ、きっと、

「“The Maker”
 …『創造者』、即ち、」

ばさり。
投げ返された白い外套に、視界を遮られて。
私の意識は、新しい次元へと向かう。

(『世界の断罪者』として、世界を壊しに行くために)

何もない、孤独の待ち受ける途へ。









【今月のお題】→なんとなくSSを書いてみよう

毎回ネタと長さは変わります。気分次第。
初回はメイカと、犬のところから『門番』さんをお借りして。
初対面少し後(…二時間くらい?)かな。


別館でもありました通り、携帯のメルアドを替えました。何年ぶりだろうか…。
カントの考案した有名な発想と悩みつつ、結局ニーチェの言葉から。それを受けての冒頭SSだったり。
しかしかなり無理矢理英訳したので、まさかの文法ミスとかあったら泣くぞ。


…しかし、なんだかだらだらしながら迎えた18歳でした。
眠いので寝ます。おやすみなさいっ。
[PR]
by forWAM | 2008-11-02 01:07 | DAYs --日々徒然